ブラタモリ第108 回関門海峡・下関/第109 回関門海峡・門司  ~関門海峡は なぜ“関門”?~

     |一
     / ̄ l |   
    ■ ■っ < 関門海峡っと♪ 
    ´∀`/    
   __|/.
 È|__ | /  |
     | У  |

 

第108回 関門海峡・下関 

~関門海峡は なぜ“関門”?~

 

 

総合 2018年7月14日(土) 午後7時30分~8時15分

 

下関の巌流島よりスタート!

 

山口県、下関

福岡県、門司

 

関門海峡に関門橋!




 

関門=難所

 

ジブラルタル海峡

マラッカ海峡

関門海峡 一日500隻 タモさんタリピツ!

 

タモさん一行、関門海峡を船で行く!

 

海上保安庁が案内です。

 

難所の理由は?

1)狭さ

2)潮の流れが速い:10ノット以下の小型船は流される

3)浅さ:大型船は通れない

 

航路の目印の導灯は5か所

 

ある有名な武将が座礁している………….「秀吉」です。

 

関門海峡の成り立ちとは?

 

火の山へ

 

関門海峡の地形

両岸の山は嘗て繋がっていた?

 

露頭の石を調査。 もともとは「泥岩」 京都で見た石。

「ホルンフェルス」 リンダちゃん大正解!!!!

関門海峡が細く狭い理由

 

花崗岩が風化、「真砂(まさ)化」 削られて低いところに海水が流れ込む。浸食が海峡を造る!

 

※マサ斎藤さん、ご冥福をお祈りいたします。

 

町の関門を訪ねる

 

下関といえば  「フグ」

唐戸市場へ

伊藤博文が下関で初めてフグを解禁!




 

亀山八幡宮

 

下関に船が集まる理由(昔)

 

山陽道の終点地

 

タモさんリンダちゃんにお賽銭借り!

タモリ氏、近江ちゃんに莫大なお賽銭の借金暴露!

タモリさん「俺、近江ちゃん(前アシスタント)に莫大な借金があるんだよな…….」と、告白!

 

 

嘗て「関所」があった これも「関門」

 

やがて、開国。 外国船も来航する。

下関海峡から関門海峡になった理由とは?

 

次回をお楽しみに!!

 

第109回 関門海峡・門司

   2018年7月21日(土)  午後7時30分~8時15分

             

福岡県門司からスタート

 

なぜ明治以降、下関海峡から → 関門海峡になったのか。

 

門司の発展の歴史をひも解く!

 

港の洋風建築を探る。

 

タモさん焼きカレーに注目。

 

 

 

旧大阪商船の外壁レンガ、目地は覆輪目地!(手間暇かかる高級目地仕様です。)

 

門司が発展したのは「炭鉱」の積出港。 筑豊炭田です。 

 

 

本州と九州をつなぐ!

 

 

門司港駅。(ただいま改修中)

 

関門連絡船が開港。

 

駅と港をつなぐ地下道の痕跡を確認するタモさん一行。

 

昭和11年に世界初「関門鉄道トンネル」の着手!

 

関門トンネルに立ちはだかる数々の「関門」を検証する。

 

特別車両で海底トンネル内へ潜入。

 

トンネルの形に注目!

 

四角から丸型へ変わる。

途中からシールド工法を採用する。軟弱な地盤に対処。(関門その1)

 

 

気圧との闘い(関門その2

 

湧き水の排水問題(関門その3

トンネル内に別のトンネル発見!

通称「豆トンネル」 先進導坑

 

 

クルーズトレイン「ななつ星」に遭遇!!

おお、かっこいい~~

 

 

まとめ

2週に渡り「関門海峡」をテーマにその関門(難関)を掘り下げた内容でした。

案内人の方がユニークでしたねぇ。

 

リンダちゃんもだんだん良くなってきました。もう一息!

———————————

<今回のスチール写真>

焼きカレー 美味しい!(byリンダ)

 

 

スポンサーリンク

   
   

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*