第116 回 「有田焼」 佐賀~!

第116 回有田焼 ~なぜ“世界の有田焼”になった?~

 

総合 2018年10月20日(土)午後7時30分~8時15分

 

ブラタモリ、佐賀・有田へ!

 

 

 

 

 

 

佐賀の有田、「宮殿?」前よりスタート!

ドイツの宮殿と「有田焼」の関係とは?
有田ポーセリンパーク

 

有田焼を博物館で観る

陶器と磁器

音で選別するリンダちゃん! さすが芸大、絶対音感。

 

 

有田焼の原点の地へ

磁器の原料は石(陶石

流紋岩が温泉で白くなる! 陶石に変化

 

有田の街へ

街の地形に特徴 山と山の間にある

陶石を砕く作業場「唐臼小屋」跡

 

 

有田焼、大量生産の秘密

登り窯(坂を利用した窯)の傾斜角度は15度

「猪木、トンバイ塀!!」

凝灰角礫岩の地形(なだらかな傾斜地を生む)

 

 

なぜ、世界の有田焼(製作現場)になったのか?

その技術の秘密を探る

 

 

次回は「有田焼の工房へ潜入」!!!

 

 

スポンサーリンク

   
   

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*